管理人の今後の治療方針。

2020年10月20日火曜日

ゲンタマイシン鼓室内注入 メニエール病 管理人の見解 治療方針 手術

t f B! P L

こんにちは。今回は...

今(2020年10月現在)、私は中耳加圧治療を行っています。

正直、効果があるのかないのかわかりません。

中耳加圧をやっているから、今の状態でいれると言ってしまえばそれまでです。

...それ言い出したらもう、どんな治療もそうですが...

「良くなってる感」も特に感じられませんが

主治医は効果は出ていると言い張るんですよね...

「何をもって?」って思うんですけど。w

立場的にそう言うしかないのかも知れませんが...

回転発作は、8月中旬から出ていません。でもまだ2ヵ月です。

寛解まではまだまだ遠い。

一番悪かったピークが、昨年末から春ごろでしょうか...

あの頃はたぶん入院かなあと思いましたが、しぶとく職場復帰しました。

今後どうなるでしょう。

...今後、

私が強く希望するか、または回転めまいが頻繁になってきた時は

次の治療としては、ゲンタマイシン鼓室内注入を行うようです。

それでもだめならその次は手術となるようです。

もちろん主治医と話し合って決めます。

主治医もリスクはあると言っているので、タイミングが非常に難しいと思います。

一番いいのは、中耳加圧がうまくいってくれればいいんですけどね。

このまま回転めまいを起こさず、今年を乗り切れればなあ...

と思います。

この先の治療は、色々なことを犠牲にしてでも、それでも回転めまいを止めたいと

そこまで思うようになって、初めて行われるようです。

ようは、ほんとに削られ続けての最終手段と言うところでしょうか...

あくまで私の病院の場合ですが...

メニエールに罹患して、

すぐ手術して、今のところ順調。

って人も中にはいらっしゃるようで、

ドクターや病院によって方針がずいぶん違うようですね。

手術して、

スパっと完治するのであれば

今すぐにでも手術するんですけどねえ...

うまくまとまりませんが

すみません、今回はここまでです。

ご訪問ありがとうございました。

お問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *

ブログ アーカイブ

QooQ